これからの英語教育を考える「グローバル人材育成ラボ」

企業の人材育成・雇用Manpower training

【通訳にはもう頼れない!】海外赴任前の語学研修について

通訳には頼れない!海外赴任者の現状とコミュニケーション力を上げるための語学研修をご紹介。

【通訳にはもう頼れない!】海外赴任前の語学研修について

赴任前の語学研修の現状

海外赴任者の赴任前の不安な事として、「言語力」という声が多いが、「語学学習」のサポートを実施している企業は少なく、家族を帯同している6割以上の海外駐在員が赴任前に「帯同家族の語学力(英語以外の赴任先の言語)」と「子女教育」に不安が多いという結果より、「語学学習」と「子女教育」に関する赴任前サポートにも充実を求めている声が多いのが現状です。

 

海外拠点におけるコミュニケーションの実態

海外駐在員が現地の従業員とコミュニケーションを取るには、言葉の問題は超えなければならない壁であり、コミュニケーションを取る方法は以下の3つが上げられます。

①直接現地語でやり取りをする

②英語を使う

③通訳を活用する

 

通訳を介したコミュニケーションの難しさ

現地の従業員と現地語でコミュニケーションを取れることが最善ですが、もし現地語を上手く話せない場合は通訳を介する必要があります。通訳を介したとしても

必ずしもその内容が正しいのかどうかの判断が難しく、重要事項については高い費用を払い外部の通訳を使用してコミュニケーションをとらなければならない現状です。

 

語学習得の重要性

英語圏以外の国の従業員は必ずしも英語が話せるわけではなく、現地語でのコミュニケーションを取れる事が重要になります。

仮に上手く話せないとしても、聞き取れるだけでもコミュニケーションをする上では断然差が出ます。語学習得には時間が掛かりますが、

コロナ禍以降はオンラインでのレッスン受講が主流になっており、赴任先で受講を継続する事が可能です。

 

まとめ

法人向け語学研修を実施している、全研本社㈱ リンゲージでは、海外赴任者向けの研修を取り揃えています。

英語または、他言語(中国語、タイ語、インドネシア語、スペイン語、ドイツ語等)の現地語レッスンをご検討の際は、是非ご参考にしてみてください。

英語または他言語のレッスンはこちら

 

この記事についての情報提供は

リンゲージコーポレート

リンゲージコーポレート事業部は、企業向け語学研修を提供しています。日本を代表する大手上場企業300社以上の企業研修を提供。中学・高校・大学、及び公的機関への講師派遣にも積極的に行っています。

リンゲージの企業向け英語研修